服が好きになれたのはダイエットのおかげ。昔は服屋さんと店員さんが怖くて仕方なかった私。

私は、原宿〜表参道界隈をぶらぶらするのが好きなんですけど、

あの辺って本当に素敵な服のお店が多いですよね・・・!!

よく覗くお気に入りのお店があるので、あの辺はしょっちゅう散策しています。

 

美容院に行って、そのまま足をのばして、ついでに服も見にいくっていうのがお気に入りのコース。

 

この前、美容院が大嫌いだったって記事の中で書きましたが、

 

太ってた頃は服を見に行くのも本当に苦手でした。

 

特にJKの頃、私は本当に服屋が苦手で苦手で。。。

 

当時の私にとって、
服屋って本当にキラキラしてて、
店員さんも可愛いしスタイルいいし、
何から何まで眩しかったんです。

 

片や私はといえば。

太ってるし、肌はニキビだらけで、髪は伸びててバサバサだし(美容院苦手すぎてめったに髪切りにいかなかった)、もう何から何まで違うんです。

自分が可愛い服屋さんいると、もう場違い感が半端なくて。泣

 

今思えば明らかに考えすぎだったんですけど、太ってた頃は異常なまでに自分に自信がなかったのです。

 

だからそもそも服屋さんに足を踏み入れることができず、「あ、かわいい」って思う服があっても、素通りすることが大半でした。

服屋にも入れないんだから、
試着なんて夢のまた夢。。。

 

お店に入れないし、店員さんは怖いし、
そもそも可愛い服は私なんかに似合わない(てかウエストのお肉がやばくて着れない)。

 

だから今みたいに「ちょっと可愛い服があったからお店に立ち寄る」なんて絶対できるはずもなく。

見送った服は数知れず。。。

 

そんな私でも、数少ない友人と遊びに行った時、服屋さんに入る機会はありました。

ごくたまにですけど。

 

そういう時も色々上手くいきませんでした。泣

 

「ローリーズファーム見よ〜!」

「可愛いこれとか〜!」

「今度デートだから服欲しくって〜」

 

友達はサクサク色々な服を手にとって悠々と店内を見て回る中、私はオロオロしてお店の入り口で立ち尽くす状態。笑

でも突っ立ってるのも変だし、、、、と恐る恐る近くに吊るしてある服を手に取ってみる。

わあ、可愛い・・・このスカート。

そうすると、キラキラ笑顔の店員さんが「そちらいいですよねーーー!!」って話しかけてくる。

わわー!ってびっくりして手を離す私。

それでもグイグイくる店員さん。

 

「そちら今人気なんですよ!!スカートお探しなんですか??」

 

私は人見知りのインキャ。

 

キラキラの店員さんが話しかけてきて、もうどうしていいか分からない。人見知りが爆発する。

 

そもそも綺麗で可愛い店員さんにじっと見つめられると、色々ツライ。。。。!!

てか太っててダサい私がこんなスカート履きたいなんて図々しいって思われそう。

 

「だ、大丈夫です見てるだけです」ってボソボソ伝えて、

友人に「もう私は大丈夫だから」とかゴニョゴニョ言って、外に出て待機。。。。

 

ガチでこんな感じでした。泣

 

試着はおろか、服すらじっくり見れない。

 

キラキラの店員さんと服たちに囲まれて、

コンプレックスで針のムシロになる。

 

「服屋に行くとダメージしか受けないんだけど・・・」

 

そんなこんなで、私はもっぱら、

服はユニクロかしまむらで親に買ってきてもらい、テキトーに着ていました。恥

 

当時はそもそも、服=お洒落 っていう概念なかったなあ。

裸じゃなきゃいいんでしょ?みたいな。

みっともない身体を隠すために着るもの。

それが当時の私にとっての服でした。

 

服は、とにかく身体のラインが出ない、目立たないもの一択。

オシャレ?そんなの二の次三の次よ。

そんなことより体型カバーの方が何億倍も大事。

悪目立ちしたくないから、色も黒とかネイビーばっかり。

鮮やかな色は変に目立つから着たくない。

 

お尻やお腹や太ももを隠せるボヤッとした色のチュニックばかり選んでました。

家にいる時はダボダボのスウェット。

地元のスーパーとかドラッグストアは、平気でスウェットで行っちゃってました。

おしゃれ?何それ?状態でした。

 

 

服を着て、自分の良さを引き出すとか、そういう発想って太ってた時は一切なかった。。。。

 

 

そんなコンプレックスまみれだった私だからこそ、今、好きな服が自由に着れるのが本当に幸せで楽しくて。

 

服=オシャレって概念は、痩せてから生まれました

 

昔は絶対お尻が隠れないと無理!ってかんじだったのに、今は腰丈のトップスが普通に着れる。

 

お尻を隠す必要がなくなってから、着られる服がいくらでも選べるようになりました。

 

ウエストを絞ったワンピースも、スキニーパンツも、ミニ丈のタイトスカートも、ノースリーブだって、何でも着れる楽しさったらないです。

 

昔は見送ることしかできなかった可愛い服が、自由に堂々と着られる。

 

可愛い服が、鏡の中で自分にピッタリ似合ってる姿をみた時の感動は、本当に何にも替えがたいです。

 

今の私は、週末とかブラブラ歩いてて、

「あ、可愛い!」って服をウィンドウを見かけたらパッとお店に入って、

店員さんとちょっと喋って、すぐ試着しちゃいます。

似合ってて可愛くて、お値段も手頃だったらそのまま買っちゃう。

 

このフットワークの軽さのおかげで、
週末がとても楽しくなりました。

のびのび外に出かけて、好きな服を自由に見て回り、気に入ったらその場で着ちゃう。

 

服が自由に切れるようになって分かったことが一つあります。

それは、

昔は、重苦しいコンプレックスをいつも身に纏ってて、ズーーーっと苦しかったんだなってこと。

 

気になる服があっても我慢するしかなかった。

 

シュッとしたマネキンがきた服を見て「着てみたい!」って思っても、

「私には無理あんなの着れないし、絶対似合わない」って諦めてた。

 

店内に入れず指をくわえて見てることしかできない。

 

やりきれない気持ちでいっぱいでした。

 

たかが服、されど服です。

 

 

自分で好きな服を自由に選べて、
着たい服を好きに着こなせるのと、

「どうせ私には似合わないし」と言って
グッと我慢してしまうのとでは、

 

精神的な自由度と身軽さがケタ違いです。

 

 

 

「自分で好きな服を自分で自由に選べる」

これは、自己肯定感と自分への自信にめちゃくちゃ重要だなと感じています。

 

ついつい「私には似合わない」と太っていた時は服を見るたび自分を卑下しがちで、

「好き!」「着てみたい!」という感情を押し殺す度、

どんどん感性や【自分らしさ】がすり減っていくように感じました。

 

 

「私はこういう服が好き」

「この服が着たい」

 

こういった自分の、好き!着てみたい!っていうワクワクの積み重ねが、

その人らしさだったり、

他の人とは違う魅力を作っていくと私は思うのです。

 

太っていて自信がない状態だと、
自分の感性を何かにつけて押し殺して、

「私にはどうせ似合わない」

こう言って諦めてしまいがち。

これは本当に悲しいし、勿体ないことです。

 

私は中高生の時は本当に自分に自信がなくて、

自分の気持ちや感情に蓋をしていたのですが、

本当に窮屈だし、自分に似合う服も何も分からなくて、

ファッションにものすごく苦手意識がありました。

 

今は自分に似合う服や、自分の好きな服が分かりますし、

それを「私らしさ」とまとめて、

自由なファッションを存分に楽しめています。

 

これは痩せてから色々な服をたくさん着てみたから分かること。

 

「自分らしさとか、自分の魅力ってどういうもの?」

 

そんなことがちょっとずつ分かってきたのも、ダイエットに成功してからのことです。

 

より身軽に、自分らしく、生きやすく、毎日を楽しく過ごす。

 

ファッションにはそんな側面もあります。

 

それを、「太ってるから」「私には似合わないから」と言って諦めてしまうのはとても勿体ない。

 

昔太っててファッションを諦めていたから分かるのですが、

 

痩せて好きな服が自由に着られるようになると、視界がパァっと開けて、

無限に選択肢が広がっていくような感覚になります。

 

 

「何着てもいいし、好きに服が選べるんだ!!」

 

この嬉しさと身軽さは、何にも替えがたい。

 

痩せてることが絶対的に正だとは思っていませんが、私は太っていた頃より痩せている今の自分の方がずっと好きです。

 

より自分を好きになるために。

より自分の魅力を知るために。

より自分らしく生きるために。

 

自分らしくファッションを楽しむために。

 

その第一歩が、ダイエット。

 

ダイエットで、本来の自分の魅力に気づく。

 

そういう人が増えるといいなと思って、私は日々の発信をしています。

 

頑張りましょうね!



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

私は元超甘党のおデブでした。

痩せたいのにお菓子を食べるのが
やめられない毎日。

自分の体型にずっとコンプレックスを
抱えていました。

そんな私でしたが、
ダイエット法を研究しまくった結果、
半年で10キロの減量に成功。

美味しいものを自由に食べても
太らない身体を手に入れることができました。

現在、リバウンドもせず
ストレスフリーな毎日を送っています♪

メルマガでは、
私がダイエットに成功した秘密を
無料で発信しています。

【無料でメルマガを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です