100歳を超えてもお酒とタバコを楽しむ祖父に学ぶ、健康の本質

ダイエット中って、自分に制限を課しがちです。

「チョコは食べちゃいけない。ラーメンなんて言語道断。」

私は、太っていた時、自分にめちゃくちゃ制限を課していました。

しかし、痩せてからは、極端な制限は必要なかった気付きました

現在、健康のためにもダイエットにも食べていけない物は無い!と思っています。

というのも、ダイエットとは、カロリー摂取量が、消費量を上回らなければ成功するからです

チョコもケーキもラーメンも、
糖質・脂質・タンパク質のバランスを崩さない程度に、程々に楽しめるなら、食べて良いんです。

でも。

脂質や糖質の質が悪いと、肌が荒れたり体調が悪化します。

チョコもケーキもラーメンも、糖質と脂質が多いので、食べ過ぎるとカロリー過剰になり、太ってしまう。

やはり適量に抑える必要があります。

この「程々」という感覚を、【中庸】と呼びます。

この中庸を体現しているのが、私の祖父です。

祖父は、今年100歳になるのですが、健康体を保っています。

一人で自活しており、身の回りのことは全て自分でやっています。

病院にお世話になったのは、私の記憶する限りだと、20年前に骨折した事くらいです。(当時既に80歳)

ここ20年くらいは、見た目の老化を感じない祖父ですが、アンチエイジングを必死に頑張ってるわけではありません。

長年煙草も吸ってましたし、夜の熱カンが大好きという生活。

でも、程々に楽しむというラインを消して超えず、ハメを外さない生活をしています。

世の中には、アンチエイジングに効くスーパーフードが流行っています。

しかし、100歳を迎えても健康な祖父が食べているものといえば、
お米と味噌汁、煮物や漬物や焼き魚を2品ほど。
甘いものやお酒もちょこちょこ楽しむ。

祖父の生活を見ると、

  • 健康にこだわりまくった制限の多い生活
  • 野菜ばっかり食べる生活
  • とにかく嗜好品を我慢する生活

こういった、極端に節制する生活って、本当に正しいの?と疑問に感じます。

祖父は、元々の身体が頑丈なのかもしれませんが、100歳超えても健康体を維持しているのには、理由があるはず。

先日、帰省した時に祖父の生活を観察してみたのですが、本当に特別なことはなくって、拍子抜けです。

  • 食事・睡眠・運動。規則正しい生活。
  • そこそこの楽しみ。
  • 穏やかな毎日。

祖父の毎日はどこまで行っても、無理のない、程よく楽しむ【中庸】な生活なんですね。

 

忙しく働く私たちは、毎日多くのストレスを感じています。

忙しさのあまり、不規則な生活で、ついバランスを崩しがちです。

だからこそ、自分無理していない?やり過ぎていない?と気をつけることが大切。

【中庸】の概念を忘れずに丁寧に生活していくことが、美容と健康にめちゃめちゃ重要なのだと感じます。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

私は元超甘党のおデブでした。

痩せたいのにお菓子を食べるのが
やめられない毎日。

自分の体型にずっとコンプレックスを
抱えていました。

そんな私でしたが、
ダイエット法を研究しまくった結果、
半年で10キロの減量に成功。

美味しいものを自由に食べても
太らない身体を手に入れることができました。

現在、リバウンドもせず
ストレスフリーな毎日を送っています♪

メルマガでは、
私がダイエットに成功した秘密を
無料で発信しています。

【無料でメルマガを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です