痩せたすぎて夜中の3時に泣きながらランニングしてた話

「美は執念」

私がよく行くジムの、
お手洗いに貼ってあった文言です。

ほんと、沁みる言葉です。

ダイエットの成功には
【本人がどれほど本気で痩せたいのか】
がマジで大事。

本人が本気なら必ず痩せます。絶対に。

私は本当に痩せたくて、
何回ダイエットに失敗しても、
絶対にダイエットを諦めませんでした。

どんなに太ってても、
リバウンドしても、
過食しちゃっても、

絶対にダイエットを諦めなかったんです。

痩せる事を絶対に諦めなかった。

執念深くダイエットを続けた。

ダイエットを諦めなかったから、
私は痩せることが出来たんだと思ってます。

痩せた過ぎて夜の3時に半泣きでランニングしていた

今より10キロ太ってた時の私は、
痩せたいのに、
お菓子のドカ食いがやめられませんでした。

お菓子のドカ食いは、
決まって夜にやらかします。

ダイエット中、
お菓子のドカ食いが良くないことはよく分かってた。

だからこそ、
自分の止まない食欲に本当に悩んでいました。

ある日、確か平日の夜でした。

夜ご飯はカロリー控えめ。

お米はいつも抜く。

でも、全然満足できない。

全然お腹いっぱいにならない。

甘い物が食べたくて仕方ない・・・。

私は、お財布を握ってサンダルをつっかけ、
近所のコンビニに走りました。

菓子パン、アイス、チョコ、、、

食べたいものをどんどんかごに入れ、
レジへ持っていく。

すぐ家に帰って、
買ってきたものを一気に食べつくす。

床に散らばったパンやお菓子の袋を見て、
茫然とする。

  • どうしよう。今日もまた、食べちゃった。
  • このままじゃ太ってしまう。
  • 食べてない状態に戻りたい。

 

「カロリー消費しなきゃ・・・!!」

居てもたっても居られず、
部屋着のままスニーカーを履いて、
外に飛び出す。

もう夜中をとっくに過ぎた、午前3時。

半べそで、ひたすら市街を走る。

たくさん食べたり飲んだりしたせいで、
お腹が重たい。

気持ち悪くなってくる。

それでも走り続けた。

情けない。。。。。

食べ過ぎたのも自分だし、
太ったのも自分のせい。

1人で勝手に食べ過ぎて、
苦しい思いして、
今こうして走ってて、、、、

何やってんだろ、私。

痩せたいのにドカ食いがやめられない。

自分が悲しくて惨めで。

自分の不甲斐なさに泣けてくる。

涙が出ても、夜中だし誰もいない、
誰も見てない。

私は泣きながらひたすら走り続けました。

 

・・・今思えば、
結構病んでたなあと思います。

でも当時の私は、本当に本当に痩せたかった。

朝3時に外を走るくらい、
切羽詰まっていて、

何が何でも痩せたかった。

正しい方法じゃなかったけど、
とにかく必死だった。

何回も失敗したし、
辛い事はいっぱいあったけど、
ダイエットを諦めなかったから、
正しいダイエット法を身につけられた。

ダイエット関連の本を何百冊も読んだし、
痩せる食事や筋トレについて調べまくって、
正しいダイエット法に出会うことができ、
10キロの減量に成功することができた。

痩せたい!!
変わりたい!!

絶対痩せて、生まれ変わりたい!!

ずっとダイエットを諦めなかったから、
スッキリ痩せた、今の自分がある。

本気で痩せたい気持ちがあれば、
いずれ必ずダイエットに成功します。

ダイエットは、
続けたもん勝ちなんですから。

 



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

私は元超甘党のおデブでした。

痩せたいのにお菓子を食べるのが
やめられない毎日。

自分の体型にずっとコンプレックスを
抱えていました。

そんな私でしたが、
ダイエット法を研究しまくった結果、
半年で10キロの減量に成功。

美味しいものを自由に食べても
太らない身体を手に入れることができました。

現在、リバウンドもせず
ストレスフリーな毎日を送っています♪

メルマガでは、
私がダイエットに成功した秘密を
無料で発信しています。

【無料でメルマガを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です