自分の脚が太すぎて泣きたかった

太ってた頃、
私の最大のコンプレックスは太い脚でした。

女子中高生の6年間、
本当に悩みまくりましたね。。。

 

だって脚って、
必ず人目に触れるパーツじゃないですか。

太いウエストは服で隠せても、
脚は隠せない。

 

特に制服だと、
ふくらはぎとか100パー外に出てる。

制服のスカートから伸びる
自分のふくらはぎは本当に太かった。。。

 

太ももの太さは、まだマシ。
スカートでごまかせるから。

でもふくらはぎの太さは
絶対にごまかせない。

 

太いふくらはぎが
超コンプレックスだった私は、
ハイソックスが大嫌いでした。

ハイソックスを履くと、
ふくらはぎの太さが強調されてしまう。

 

黒とか紺が引き締めカラーって絶対嘘でしょ?

むしろ脚がより太く見えるような気がしてならない。

 

「とにかくこの太い脚を何とかしたい・・・!」

そう思った私は、
脚痩せジェルを買いあさりました。

 

「これを塗ってマッサージするだけで
スラッと引き締まった脚になれる!」

「ジェルの効果でふくらはぎが-3センチ!」

 

こんな広告にすぐ飛びつきました。

 

特別なジェルを塗ってマッサージすれば、
私の脚も細くなるかも・・・!

 

わくわくしながらジェルを購入。

夜、お風呂から上がった後、
自分の部屋で念入りにマッサージ。

 

「この憎らしい肉さえなければ・・・!」
「お願いだから細くなって・・・!」

 

めっちゃ力込めてマッサージしてました。

強く揉みすぎて、
脚中にアザが出来ました。泣

必死の思いで痛いマッサージを
1日、2日、3日と続けてみる。

 

そして1週間後。。。

 

アレ? 脚、全然細くならない。
全く効いてる気がしない。

 

なんで!?!?

 

ジェルの広告には「2週間で-5センチ」って
書いてあったのにーーー!!

全然細くならないんですけど??

 

効果ないのかな・・・・

一瞬不安な気持ちがよぎります。

 

でもジェルは高かったんだし、
使わず放置するのはお金もったいない。

数千円のスリミングジェルは、
高校生のお小遣いで買うには
馬鹿にならないお値段でした。

 

モヤモヤしながらマッサージを続ける。

 

ーそして2週間後。

 

やっぱり変わらない・・・。

 

どうして細くならないの?

マッサージの仕方が悪いのかな。

 

本屋に行って、
脚痩せマッサージの本を買ってみる。

 

本を見ながらマッサージしてみた。

今度こそ効いてよお願いだから・・・!!

 

そんな風に願って過ごしさらに1週間後。

ちょっと細くなったような。
気がしないでもない。

でも、ぶっちゃけ全然まだまだ極太な私の脚。

他の女の子と比べると、
もう全然違う。とにかく太い。

 

  • 他に効果ある方法はないかな・・・・
  • 他のジェルなら効くのかな?
  • もっといいマッサージがあるのかな?

 

そうやって私は、

何本も脚痩せジェルを買い、
何冊も脚痩せマッサージの本を読みましたが、

全然脚は細くならなかった。

 

ずいぶん投資したのに、
相変わらずたくましすぎるふくらはぎ。

これは筋肉なの脂肪なの何なの???

運動もしてないのに。
てか運動不足の極みなのに。

1日に500歩くらいしか歩かない私に
こんなたくましい脚は必要ないんですが。

 

他の女の子のふくらはぎは、
シュッと細くて華奢なのに。

同じクラスの女の子達は、
足首なんてキューっと細くって、
「それ手首じゃない?」って言いたくなるレベル。

 

・・・ハッ!!

もしかして、私の脚が太いのって
骨のせいじゃない?

骨が太いから脚が太いんだ。
きっとそうに違いない。

 

・・・じゃあ、もうダメじゃん。

骨が太かったらどうしようもなくない?

骨はどうしようもない。

骨格は遺伝。

私の両親親戚兄弟、
みーーーんな、骨太。

つまり、私の脚が太いのは遺伝のせい。

 

あーーーーーあ。

諦めるしかないのか。。。。

 

そんな風に落ち込んでいた、
ある日の夕食後のことです。

私は自宅のリビングにて、
家族と一緒にフィギュアスケートを観ていました。

 

私は競技そっちのけで、
選手の脚ばっかガン見してました。

 

フィギュアスケートの選手の脚って
ものすごく綺麗ですよね。

スラリと長くて引き締まってて、
私の極太な脚とは大違いで
もうなんか同じ人間とは思えない。

 

素敵な衣装を来て競技に出ている選手を見てるとモヤモヤしてくる。

綺麗な脚への嫉妬が止まりませんでした。

 

「いいなあ。私もあんな脚に生まれたかった」

ぼそっと呟く。

 

すると、横で聞いていた母親が
こんなことを言うんです。

 

「また、そんなこと言って。
脚が太いのは元々の体型なんだから
仕方ないじゃない。

私もね、脚細くなりたくて、
若い頃色々やったわよ。

美容体操(古!)もやったし、
マッサージもやったっけ。

でも全然細くならなかったよ。

脚ってね、何やっても細くならないもんよ。

お母さんはとっくに諦めたの。

あんたも諦めなさい。

元々の体型は変わらないのよ。

でもね、大丈夫!!!(ドヤ)

あんたも結婚して子供産んで、

40歳超えれば、脚の太さなんて
全然気にならなくなるから!!!!」

 

もうね、最悪です。そんな話聞きたくない。

何の慰めにもなってないんですけど!?

 

脚が太いのは諦めるしかない?

そんな事言われたって、、、
こんな太い脚は嫌。

でも、脚を細くするのは不可能だという。

 

そんな・・・。

 

ガックリうなだれてリビングをそっと離れる。

暗い気持ちでベッドに入る。

 

「一生私はこのままなのかな・・・」

 

いつの間にか眠ってしまい、翌朝。

 

いつも通りの朝。

制服に着替え、自分の脚にハイソックスを履かせる。

 

その時、否が応でも自覚させられる。

相変わらず太いふくらはぎ。

 

家を出て駅に向かい、
いつもの電車に乗る。

電車内には、通学中の制服姿の女の子の姿がちらほらいる。

 

みんな、痩せてる。

脚がスラリと細い。
ハイソックスが似合う脚。

「脚って細いのが当たり前でしょ」
みたいな顔してる。

 

それに比べて私の脚はなんて太いの・・・

座席に座り、脚に力を入れて
ギュッと左右の膝をくっつける。

少しでも足が太く見えないように。。。

 

朝から憂鬱な気分しかない。
細い子達の脚を見てため息をつく。

 

こんな暗い朝が、
何と6年も続きました。

 

私は中高生の間ずっと、
自分の脚がコンプレックスのまま過ごしました。

当時の私は、
どうしたら脚が細くなるのか
全く分かっていませんでした。

 

自分の脚が太い理由について
何も分かってなかった。

 

脚がマッサージしても
細くならないと知ったのは、
ダイエットについて
しっかり勉強した後でした。

 

中高生の間、
お小遣いの大半を
脚痩せジェルに使いましたが、
脚は全く細くなりませんでした。

 

本当にもったいないことをしたなあ。

痩せたいなら、
ダイエット商品に飛びつかずに、
ちゃんと知識を学ぶべきだった。

 

 

高校を卒業した後、
痩せる知識を身に着けて、
ダイエットを成功させたら、

マッサージしなくても、
脚はめっちゃ細くなりました。

 

昔はLサイズのボトムスを履いてたのに、
現在はSサイズが余裕で入ります。

 

正しい方法でダイエットしたら、
勝手に脚がどんどんどんどん
細くなっていきました。

 

減量中は、毎日服を着るたびに、
脚が細くなっていくのを実感して、
めちゃくちゃテンション上がってたっけ。

 

キツかったスキニー。
太ももはパンパンのむっちむちだった。

ダイエットを始めたら、
太ももが緩くなってきた。

嬉しくなって、
毎日、アジャスター替わりに
スキニーを履くようにした。

 

あんなにキツかったスキニーが、
履くたびにどんどん緩くなっていく。

超嬉しかった。

 

そして10キロ痩せた時。

私は、鏡に映るスキニー姿の自分に
つい見惚れた。

 

驚くほどシャープな太もものライン。
スキニーが鬼のように似合う。

大嫌いだったふくらはぎも、
すごく綺麗に引き締まった。

 

脚が細くなってから、
可愛いスカートをいっぱい買った。

昔は大嫌いだったスカート。
痩せたら、スカートを履くのがすごく楽しい。

 

太ってた頃、靴はスニーカーばっか選んでた。

脚がコンプレックスすぎて、
脚の太さを隠すことに必死で、
足元のお洒落なんて考えもしなかった。

 

でも痩せたら、ミュールやパンプスが
すごく似合うようになった。

 

ふくらはぎが太くて
入らなかったロングブーツも、
痩せたら余裕で入る。

あんなに脚が太くて悩んでたのに、
いつの間にかコンプレックスは
どっか行っちゃってました。

 

6年間も悩んでたのに、
あっという間に解決しちゃってびっくりです。

 

きちんとダイエットを学んで痩せたら、
半年であっという間に脚は細くなりました。

脚が細くなってから、
服を買うのが超楽しくなりました。

 

脚が細くなると、
スカートもパンツも何でも、
とにかく似合うようになります。

 

かっこいいボトムスさえあれば、
良さげなトップスを合わせるだけで
超オシャレに見える。

 

ダイエットに成功したら、
大嫌いだった自分の脚が好きになりました。

自分で鏡をみて、
「なかなかいいじゃん♪」って思える。

 

こうなった今、本当にしみじみ、
ダイエットちゃんと学んで良かったな、
って思います。

 

今でもハッキリと覚えています。

毎日自分の脚を見て落ち込んで、
太い脚を憎く思って、
アザが出来るほど強い力で
マッサージしてた頃。

お金もいっぱい使いました。
マッサージもがんばった。
でも、脚は細くならなかった。

泣きたくなるほど辛くなる日も
よくあった。

 

自分の身体に強いコンプレックスがあると、
気持ちがすごく滅入ります。

だから、太っていることが
コンプレックスなら、
1日も早く痩せるべき!!

 

昔を思い出して、
改めて強く思います。

そして、今脚が太くて悩んでる人は、
本当に落ち込まないでほしい・・・!!

 

誰でも脚痩せできますし、
脚痩せって全然難しくないんです。

正しくダイエットをすれば、
脚めっちゃ細くなって、
スキニーもミニスカも
ガンガン履けるようになります。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

私は元超甘党のおデブでした。

痩せたいのにお菓子を食べるのが
やめられない毎日。

自分の体型にずっとコンプレックスを
抱えていました。

そんな私でしたが、
ダイエット法を研究しまくった結果、
半年で10キロの減量に成功。

美味しいものを自由に食べても
太らない身体を手に入れることができました。

現在、リバウンドもせず
ストレスフリーな毎日を送っています♪

メルマガでは、
私がダイエットに成功した秘密を
無料で発信しています。

【無料でメルマガを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です